■児童ポルノ法案問題につきまして(10/11/27)
2010年6月に否決された「東京都青少年健全育成条例」ですが、
先日、改正案を今月末の都議会に再提出することが発表されました。
今回は 直接的に非実在青少年規制という文言は消されているものの、 「法規に触れる性行為、性交類似行為」と書き加えられたため、性交類似行為→淫行条例違反、児童福祉法違反、売春防止法違反等と広く適用され、ロリキャラはアウトとなってしまうそうです。
もちろん規制は漫画やゲームを標的にしています。
下記のブログにて詳細な解説が書かれていますのでこちらも是非参考になさってください。

「弁護士山口貴士大いに語る」
http://yama-ben.cocolog-nifty.com/ooinikataru/2010/03/post-b89f.html


そして、規制が可決してしまうとマイナーな作品を規制していくことを足がかりに規制の前例、実績を積み重ね、規制を広げていくことが予想されます。
最悪の場合児童対象の絵本のような作品しか作れない状況になるかもしれません。
どうか皆さんにも問題について知っていただきたいと思います。
(10/11/27)

「東京都青少年健全育成条例改正問題のまとめサイト 」
http://mitb.bufsiz.jp/

「表現規制について少しだけ考えてみる(仮)」
http://otakurevolution.blog17.fc2.com/